平行輸入のブランド品を販売許可
ブランド品を扱う上で、正規品よりも安価に売りことができる平行輸入品というものがありますが、これを販売する上での許可について説明します。平行輸入のブランド品の販売は3つの条件をクリアしていれば可能です。1つ目は偽造品、ニセモノ品輸入を売ってはいけないことであります。商品に付いた商標が商標権者が付けた適法な物ではない為輸入したり売ったりしてはいけません。2つ目は商標権者が異なる物品の輸入、販売は不可であることです。商標権はそれぞれの国で登録が必要ですが、ブランド品の中には海外と日本の商標権者が異なる場合があり、両者が同一人物でなければ売ることは許可できません。3つ目はブランド品の工場出し物品の輸入、販売はしてはいけません。物品が同じだとしても、商標権者から委託されている工場から直接輸入、販売は認められておりません。平行輸入の売る場合はこれらの3つを守ることに留意しましょう。これらを遵守すれば誰でも販売許可がおります。
ブランド志向という思考